DBYDADWAY

Family

目次へ

「結婚や子育てと完全に順番を間違えてしまいました(笑)」とひろゆきさんが振り返るマイホーム購入。フライングであることを承知で14年前に購入した一戸建てをリノベーション、オーディオルーム兼スタジオまでしつらえるなど、独身時代を思いっきり満喫していた名残がある遠藤邸です。今は新たなメンバーの誕生で、少しずつその雰囲気も変わりつつあるおうち。そのシンボルがときおくん大のお気に入り、ママお手製のモビールなのです。「自分で紙の色を選んでそこに絵を描いて、ハサミで切って紐をつけてハンドメイドしてみました。モビールの色や形、その動きに反応している様子を見て、色彩や図像は赤ちゃんの良い刺激になっているなと感じさせられますね」と杏子さん。そんな折、見つけていただいたのがD BY DADWAYのアイテム。「絵本のように物語を感じる柄がすてきですね。どれも発色がきれいで、柄も迷うほどバリエーションがありました。きっと彼が気に入るだろうなと直感しましたね」と現在、おくるみやブランケットをご利用いただいております。「こどもを産む前はママと赤ちゃんはものすごく密着するもの、母親は我が子にとても執着するものという先入観がありました。本能的に私のもの!という意識というか。ところが私の場合、実際に産んでいざ子育てを始めてみると、意外にそのようなウェットな感じがないんですよ。自分とつながっているという感覚がもしかしたら、よそのママに比べると少ないのかもしれません(笑)。もちろん守るべきもの、可愛くてたまらない存在ではあるのですが、もう少し客観的に彼を見ている気がしています」。傍らでふたりを日々見ている夫のひろゆきさんもそのことを頼もしく思っているのだとか。「フランスの家庭など海外では0歳児でもこども部屋を与え、ひとりで寝かせる文化がありますよね。ひいては小さな頃から自立心、独立心を育むことにつながるという考え方。出産する前に夫婦でそういうことをよく話し合っていたので、彼女の息子との距離感、さっぱりとした付き合い方は賛同できますね」。

“It is usual for most people to purchase their own home after marriage or having children, but as for myself, I completely went the other way around (laugh).”
Hiroyuki reminisces about owning his own house from 14 years ago. It was such a dream house for him – a renovated house with an audio room and a studio. Nowadays the atmosphere has changed a little, as Tokio, a “new member” has arrived.
This cute colorful mobile, handmade by his mom, is one of the good examples of the changes. “As soon as I saw Tokio was looking at the mobile and trying to move his body, I realized that those colors and shapes are inspiring to his senses!” It was then that they ran across D by DADWAY. “I like their motif which brings the sound of the story from a picture book. Each design has beautiful colors, and it was a little hard for us to choose from such a variety. However we instinctively knew that our son would like it as well.”“Before having a baby, I always had prejudice that mother and child will/should always stay together, or in other words, a strong mother-to-child love naturally grows. However, in my case, it may not be as strong as with other moms. I mean, our baby is the cutest for us and it is our duty to keep him safe, but I feel like we have a good space between us”, says Tokio's mom, Kyoko.Hiroyuki, the husband, is proud of his wife's way of thinking. “As I have heard in other countries such as France, even new born babies sleep alone.And this develops children's self-reliance. We used to talk about topics like this quite often, so I completely agree with the way she takes care of our baby.”

「漠然とトキオが響きとしていいなと思っていたんです。グローバルな感覚を誰もが自然に持てる時代ですし、TOKIOなら日本語を話さない人にも覚えてもらいやすいかなと。社会の変化が大きい時代に生まれたということもふまえて“ 時生”と夫婦の意見が一致しました」とパパ。実はおふたりの初デートが東京タワーだったことにもちなんでいるのだそう。「妻はおっぱいをあげたり、長い時間ケアをしたりと母親そのものですが、私は父親という立場ではなく仲間として接しています。今は一緒に遊ぶことが関わり方の中心ですし、不思議な動物が家にいるみたいなポジションでいいのかなと。いずれは、父親という認識が芽生えるでしょうから、接し方は変わると思うのですが。乳児の頃にたくさん笑う経験を積んだ方が、すこやかに育ってくれるんじゃないかっていう勝手な思いがあって、笑ってもらえるようにいつでも働きかけていますね」とマイペース育児を実践中。“こどもがいることを理由に何かを犠牲にすることだけは やめよう”。そう固く誓い合ってスタートを切った妊活。その末に第一子を授かったゆえ、我が子への深い愛情と同様に夫婦愛、パートナーへのリスペクトがエピソードの随所に現れるのでした。「現代の女性は30歳を前後に、周囲から『早く産んだほうがいいよ』って声がものすごく聞こえてくるようになるんですよね。『早めに産まないと体力的にもたないよ』とか。けれど、そういうノイズはいっさい無視していいと思いますよ。無用の不安であおられたり、プレッシャーやストレスで心身ともに疲れてしまったりと、いいことは一つもありません」。結婚や出産の年齢は人それぞれ。初産にもかかわらず分娩室に入って30分でご対面という“スーパー安産”だった杏子さんが断言するのだから、周囲の状況に流されず自分の気持ちやコンディションを大切にする人生観に説得力がありますね。

“Why we named him “Tokio”? We liked the sound of it and it is easy for foreigners to recall his name. We gave him 2 Kanjis (Chinese characters used for Japanese names) meaning “time” and “to live”, as his world changes rapidly every day and we want him to live a strong life.” The name also came from the location of their first date, Tokyo Tower.“When I spend time with Tokio, I try to be like a friend rather than a father,” Hiroyuki says with a smile. “I heard that children grow healthy when they laugh a lot in their childhood. So I always try to make him laugh.” At the time when Kyoko and Hiroyuki decided to have a baby, they made a promise not to neglect their personal time because of their child. Following this point of life style meant not only their deepest love for their child but also their mutual respect for each other was often seen during the interview.“Recently people say women should have their first baby in their early 30s. However, I believe we should ignore such advice, if you feel pressured or stressed from that. It brings no positive effect.” It is surprising to hear that Kyoko gave birth to Tokio only 30minutes after entering the delivery room, but it may be a result of her mindset to not to be influenced by others too much and be true to herself.

Nov. 2017


ページトップへ