DBYDADWAY

Family

目次へ

4人きょうだい(兄姉妹と自分)の淳平さんと一人っ子の麻里さんという真反対な家族構成のもと育ったご夫婦。淳平さんのきょうだいしまいは全員、お子さんがいるので、玄士郎くんの誕生でますます甥っ子姪っ子が集まる親族の集まりはとてもにぎやかになったのだそう。パパにとって、大人数はごく自然なこと。一方のママにとっては幼い頃に欲しかったきょうだいしまいが自分のこどもたちによって実現されたような状況と言えそうです。3人目にして淳平さんが初めて育児休暇を取得したことを妻の麻里さんはこのように受け止めています。「1ヶ月のお休みでしたが、上の子ふたりを保育園に送り迎えしてきてくれるだけでも、本当に助かりました。最近は片付けをしたり上履きを洗ったりと、こちらがお願いする前にやって欲しいことを先回りしてくれるので、とてもありがたいですね。休暇を利用して、パン作りを一生懸命にやるなど彼も楽しんでいたようです(笑)」。生まれたばかりの玄士郎君を沐浴をさせる手つきが実に慣れているのには理由がありました。「私が研修医として赴任した病院で、当時彼はICU(集中治療室)で勤務していたのですが、聞けば乳児の沐浴を実習でやったことがあるそうですよ」

Junpei, the husband grew up with 3 siblings, while Mari was an only child who hoped to be surrounded by brothers and sisters. Today, Mari made her dream come true as all of Junpei's siblings have children, and Genshiro is a newest member. Junpei took paternity leave when Genshiro – the 3rd child - was born. “Even it was for one month, I appreciated him for doing the drop off and picking up the other children at school. Recently he does some housework without my saying anything. He even enjoys baking bread on the weekends”. Also, he is very good at giving Genshiro a bath. Why? Because he used to work at a hospital (Intensive Care Unit) and has experience doing it.

パパは訪問看護師として、ママは脳神経内科の医師として働くふたりを取り巻く職場環境、働き方は似ているのかなと思いきや…「まるで違いますよね。私たちの場合、看護師や介護士は人材が慢性的に足りていませんから、スタッフの子育てをしながら働く考え方を尊重する風土があります。男性で1ヶ月の休みが取れる(雰囲気がある)のも、そのおかげではないでしょうか」とパパ。ママはといえば「遠回しにですが『当初、私が希望した時期より早く復帰してほしい』とほのめかされています」とのことでやはりこちらも深刻な人手不足。「女性医師も増えてきているので、出産や育児をライフイベントとして控えた女性がうまく仕事と家庭を両立できるようなムードが私の職場にもできればと心から願っています。昼夜を問わず働き(働かざるを得ない)、休日出勤も厭わないような雰囲気のなか、仕事のペースを控えるのはどうも気兼ねしてしまうのが、医療現場の実態ではないでしょうか」。目下、D BY DADWAYのおくるみで玄士郎くんの授乳もケープ代わりにご愛用頂いてるママに育児のストレス解消は?とお聞きすると「ママ友との世間話」との答えが返ってきました。そんな彼女にとってもう1つの解消法、気分転換は他ならぬ医師としての仕事なのだそう。

The father's current job is as a visiting nurse, the mother is a doctor of Nervus Cranialis. Are their work styles similar? “Actually they seems quite different. There is a lack of human resource for nurses, so we try to cover for each other. This is a reason I could take paternity leave”, says Junpei. On the other hand, Mari feels pressure that her boss is waiting for her to come back to work as early as possible. “The number of doctors is not enough either. I wish we could have support each other to have a good balance between family and work, as there are more and more women doctors”. We asked her what is a way to refresh while parenting, and she told me that “chatting with other mom friends”. But in actuality, working as doctor is the best way for her to refresh.

Feb. 2018


ページトップへ