DBYDADWAY

Family

目次へ

バースプランの「パートナーの方がへそのを緒を切りますか?」の欄に迷いなく「はい」と、本人が「えっ!」と動揺しているすぐ横でサインするマイペースぶり。「夫は血を見るのが大の苦手なんですけどね(笑)」と語る小百合さん。プランの中でもっとも重要な分娩方法で無痛を選択したにもかかわらず"痛い"思いをした出産体験、その理由は…「彼がどうしても仕事の締め切りで午後には出社しなければいけないという大事な日。その朝9時ぐらいに電話をしてから二人で病院へ。本当は彼がその業務を終えてから、病院に戻って出産に立ち会ってもらおうと考えていたのですが、『このまま病院にいてください。出産の準備を整えますから』と予想外のスピード展開だったんです。そのせいで想定外に結構、痛かったんですよね」。結果、病院についてから3時間半で、つかさくんとご対面!男性にとって立ち合い出産のクライマックスであるへその緒切りを終え、職場へと急行。この日、家庭と仕事どちらも大きな任務を遂行、晴れてパパとなったご主人です。その後も2週間の育児休暇を取得し子育てに貢献。「彼が退院してからしばらく育児と家事をやってくれましたし、母が応援に駆けつけてくれたり、1週間、泊まり込みの産後ケアセンターでスタッフの方がお世話してくださったりと、最初の1ヶ月近くは身体的にも精神的にも負担が少なかったんです」。その反動もあって、その後は子育てが大変だと感じる場面が多くあったのだそう。『じゃぁ、あとはよろしく!』と、それまで赤ちゃんをお世話してくれた人たちがさーっといなくなって、ぽつんと取り残されたような… (笑)。

When the doctor asked “Do you wish your partner to cut the umbilical cord?” Sayuri, the mum to be, said “Yes!!” ignoring her husband’s surprised face. On the day of birth, even though she chose “painless delivery”, it was quite painful for her. Why? It was also an important day for her husband, so they visited the hospital in the morning, and were planning to wait for her husband to come back again after his work. However, the moment they arrived, the doctor said “Let’s get started!!”
Because of this surprise start, three and half hours after arriving at the hospital and having experienced a painful delivery, they finally met their son, Tsukasa. As soon as father cut the umbilical cord, he rushed to his work.
This was a memorable day for him in that he completed two major missions. Then he took paternity leave for 2 weeks and supported his wife. “As my husband, my mother, and others helped me, I felt supported and not too tired mentally and physically in the first month. On the other hand, after that time, everyone went back to their lives so I felt as if it was only myself, and the days of struggling started,” she laughed.

出産から1年ちょっと。その間、生後2ヶ月の子を抱きながら新居の設計打ち合わせにはじまり、保活に精を出したり、引っ越しがあったりと多忙な日々を振り返る小百合さん。「新生児の時に主人が長く一緒にいてくれたから、日常的なオムツ替えにも抵抗がなかったですし、女性より大きな手で沐浴をしてもらえる安心感もありました。最近、ことばが出てくるようになりましたが、最初の頃にちゃんとスキンシップをしていたからか、結構「パパ」が出てくるんですよ、ママよりも(笑)」。出産を機に「暮らす環境」を変える決断をしたおふたり。そこには先を見据えたある考えがありました。「都会の憩いや自然、そこに住む人も含めた環境ですね。周囲にちゃんとした人が多いと、悪い人には決してならないんじゃないかという思いがあります」。家の近くには区民が利用できる畑があったり、都心とは思えない自然あふれる公園があったりと恵まれた環境のご家族の新居。「自転車やクルマ、ベビーカーまで車輪の付いた乗り物が大好きな "ザ男の子" な面がある一方で、公園でお花を見せてあげる場面が多いからかお花も好きなんですよ」とのこと。「D BY DADWAY は自然の美しさが素敵に表現されていて、デザイナーとして共感できる世界観があります」とご愛用いただいているベビーアイテムも、つかさくんの感受性に響く環境となりますように…

The next year was one spent in busy days, starting from the building of their new house while holding a 2 month old, looking for a nursery school, and moving into the new house, etc, she appreciates her husband once again. “Probably because he spent a lot of time with Tsukasa and helped me changing his diapers, and gave him bathes, my son recently says ‘PAPA’ more than ’Mama’”.
They also decided to change their living environment after giving birth to Tsukasa, so now they are living in a place surrounded by nature. Tsukasa loves vehicles like other boys, but also likes flowers a lot. “As I am myself a designer, I like how D BY DADWAY express the beauty of nature.” says Sayuri.
We at D BY DADWAY brand are wishing our products give a lot of inspirations to Tsukasa.

Aug. 2018


ページトップへ