DBYDADWAY

Family

目次へ

「え!!まさか今日ずっと、ここにいたの!?」。その日の朝、寝たまま「いってらっしゃい…」と仕事に行く自分を送り出した部屋で、その体勢のまま夜に「おかえりなさい…」と力なく迎える妻に思わず、聞いたという朝王さん。妊娠中のつわりがひどく、いちばん辛い日はそんな風にベッドからほとんど身を起さず1日を過ごしたこともあったのだそう。「後になって自分でも笑ってしまうんですが、トイレの時以外はずっと寝ているしかなかったんですよね。家のことがいっさいできない、そんな時の私を主人は受け止めてくれて、感謝していますね」と友子さん。初産を控えた友子さんの身体をとにかく気遣って献身的に尽くした愛妻家のご主人です。また、頼もしい存在は彼だけではありません。昼間にたっぷり寝た日、目が冴えて眠れない夜をお供したのはなんとウサギだったのだとか。仕方なくビデオを見て時間をつぶす彼女の手をなめてさびしさを紛らわせてくれたのが、飼っているウサギの“アジ”でした。

Were you here all day long?!” – The husband was surprised to see his wife, who had seen him off from bed that morning, was still sleeping in the exact same place when he came back from his work. She used to have a heavy morning sickness and sometime she had to stay in her bed all day long.
“It is kind of a funny memory but I was not able to move those days. I appreciate my husband who helped me a lot during that time”, says Tomoko.
Her husband is such a devoted husband and cared about her health all the time. When she was bad during the daytime, she could not sleep and wanted to watch TV at night. Their pet rabbit was also there to help her to heal.

「いずれ、こどもが色を加えてくれる」。そう考えてベースとなるインテリアはシンプルに徹する。おもちゃや育児用品が増えてもうるさくならないようにと、引き算の美学で自宅をコーディネイトする友子さんです。曰く「DBY DADWAYのアイテムは、うちに合う色やデザインが結構あって、いろいろ使っていますよ。淡いトーンでブルー系、グレー系のアイテムがいい感じです」。ヒカリエやリビングデザインセンターOZONEなどでディスプレイを手掛け、産後もフリーの空間デザイナーとして活動する友子さん。もちろん、自宅のインテリアは夫婦時代、そして碧士くんが加わってからも一手に引き受けています。築15年ほどのマンションをリノベーション、自身のテイストで住み心地を追求。ところが、室内こそ彼女のこだわりが貫かれているものの、実はこのマンションを“手配”したのは朝王さんのお父さんなのだそう。「彼が結婚のあいさつを済ませ、同居するための物件を一緒に探していたある週末。突然、お義父さんから電話がかかってきて『今、物件見に来てるんだけど、ちょうどいいのがあったから、判子を押していいかい?』と言うんですよ(笑)結果、とても気に入っているのですが、あの時は本当にびっくりしましたね」。「そんな調子なので、息子が生まれてからも、私たち以上に常に一歩先回りしています。ペダルカーや五月人形も真っ先に買ってくれてましたし(笑)」と実の息子、朝王さん。両親よりも前のめりに碧士くんにメロメロなじいじのご様子ですね!

They kept the interior of their house as simple as possible with their philosophy of “Children will add color to our life”. “We like D BY DADWAY as its pale colors, such as blue or gray, match our rooms”.

Tomoko is a freelance spatial designer and has experience designing window displays at well-appointed shopping malls and living design centers.

They have also bought a 15 year old room and renovated it to feel the most comfortable. But, in fact, this room was “arranged” by the husband’s father. After they decided to live together, suddenly the father called and said that he had found a great room and wanted to make a contract for them.
They loved the room in the end, but reminiscing about this story is also a funny memory. The grand father is also always there for his children and grandchild.

Oct. 2018


ページトップへ